自力のガラスコーティングとウォータースポットに関する注意点

車に対しては、あまり嬉しくない模様が発生してしまう事があります。特に水の乾きなどは、注意を要するでしょう。
どういう事かというと、たまに車に対してウォータースポットというものが発生してしまう事もあるのです。いわゆる水が乾いたような形状の模様になります。独特の斑点模様になってしまう事が多く、客観的な見栄えはあまり良くないと思われている傾向があります。
ですから車に対するウォータースポットなどは、できるだけ作りたくないものです。それを防ぐ為に、ガラスコーティングの施工が行われる事もよくあるのです。現にガラスコーティングは、確かに有効な手段にはなり得ます。今ではバイクのガラスコーティングも行うことができるようです。ウォータースポットをつけないためにもバイクもコーティングを施工する必要があります。

そもそもガラスコーティングというのは、車に関する撥水効果もあります。なぜウォータースポットができるかと言われれば、もちろん雨水が原因です。雨水の中には余り良くない物が含まれている事も多いですから、車体に独特の模様が生じてしまう事になります。
現に使い込んだ車などは、かなり多くのウォータースポットも生じている傾向があります。それを防いでくれる効果が見込めるのが、ガラスコーティングなのです。

車に対する水を弾いてくれるならば、ウォータースポットの根本的な原因も無くなるでしょう。ですから車に対するガラスコーティングは、それなりに意味はあります。
ただしガラスコーティングを自分で行う時には、くれぐれも天気には気をつける必要があります。なぜなら天気の状況次第では、かなり面倒な状況になってしまう事もあるからです。
例えば、人によっては雨天日にガラスコーティングを行っている事もあります。それで車に対するトラブルが生じてしまう事も多々あるので、気を付けた方が良いです。
そもそもガラスコーティングというのは、乾かす必要はあります。施工を行ってから2週間くらいは、乾燥させる必要があるのです。

ところがガラスコーティングが乾く前に雨水が車体に当たってしまいますと、トラブルが発生する確率は劇的に高まります。上記でも触れたウォータースポットなどは、その代表例と言えるでしょう。乾いている度合いが中途半端な段階で雨水が当たってしまいますと、スポットが発生する確率は大きく高まりますので注意が必要です。ですからガラスコーティングの施工を自分で行いたいと思うなら、やはり天気予報などは確認しておく必要はあります。また施工の途中でにわか雨が降ってくる状況も、絶対に避けたいものです。雨には、くれぐれも注意を要するでしょう。

何も雨だけではありません。ちょっと露が発生しやすいタイミングなども注意を要するでしょう。
例えば寒い冬の時期などは、要注意と言えます。他のシーズンと比べると、夜露が発生しやすいでしょう。ガラスコーティングの作業中にうっかり夜露が当たってしまいますと、やはりウォータースポットが発生する確率も高まってしまうのです。また寒い時期には、霜なども発生してしまう事もありますが、それもウォータースポットの一因なのです。
このように自力のガラスコーティングの施工は、様々な環境的要因が関わってきます。総じてウォータースポットができやすい傾向はありますから、天候的要素には気を付けた方が良いでしょう。

基本的に自力のガラスコーティングは、やはり快晴日が一番無難です。雨が降ってくる気配が全く感じられない日に実行するのが良く、湿度が高くない時期が最も望ましいでしょう。
ただそういったタイミングに配慮するのも、なかなか大変ではあります。もしもそれが面倒だと思われる時は、思い切ってガラスコーティングの専門業者に任せるのも一法です。多少料金が高めになりますが、総じてウォータースポットも発生しづらい傾向はあるからです。

PR|ガラスコーティング剤の販売洗車用品の販売